星のフィールド

セント・ジェームズの道での内なる旅

– 引き込まれるストーリーを通してカミーノを生きる

– 自分自身のカミーノで自らを鼓舞する

– 独自のカミーノでの体験を回想する

– 自己反省ができる場所に自分を招待する

カミーノに旅立つ巡礼者の物語。スペインのイベリア半島を旅していく中で、多くの人々や状況に遭遇する。そのすべては、自分の本質を再発見し新たな人生の意味を教えてくれ、旅人の心に刻まれていく。愛、富、生きる意味、自己と自然との再接続などをテーマに、他に類を見ないアプローチで取り組んだ小説。

書籍の購入はこちら

試し読みはこちら

The Gatherting

That afternoon we arrived at Grañón with the idea of ​​spending the night in a hostel that had been recommended to us called the Church of San Juan Bautista.

There were many of us pilgrims all together in a group, about forty. The street performer mingled with the affluent industrial businessman, and everyone, regardless of their occupation, carried out the exact same daily activities: walking, eating, and sleeping. The delight of three maidens disguised as nymphs reciting Gregorian odes seduced all the parishioners, and their flowery smell softened the distressed armour of merciless men. After a glass of wine, the timid one who never said anything dared to sing to God with excessive passion. The rambunctious one found harmony and warmth in the chaos of that place. The rich and the poor ate from the same loaf of bread. The Way created a space where the East and West could unite at a single point. We were all gathered there under the protection of two cheerful hostel workers who demonstrated to us what constituted unconditional surrender and, in addition, they managed to get me to understand that the donation was a kind of economic return before the invaluable act of love.

First they satiated our appetite with delicious delicacies, and then took care of satiating our spiritual hunger in a church lit by candles. That moment of reflection was the most important one of the evening because it was then that I learned that I wish the same upon others that I wish upon myself. Then we ended the evening and went to rest in the peace of the attic.

書籍について

100 ページ

w

言語:日本語

}

2/3 hs

w

ジャンル:インスピレーション

i

18k words

ISBN: 9781370245291

カミーノ・デ・サンティアゴとは?

セント・ジェームズの道は、使徒である聖ヤコブの遺骸が祭られているサンティアゴ・デ・コンポステーラの都市を目指し、世界中から集まった巡礼者が歩く道。中世の時代に賑わっていたルートで、現在再びブームとなる。コンポステーラとは巡礼証明書のことで、徒歩、馬、自転車のいずれかで巡礼を果たしたことを証明するもの。

写真で見る本

 

著者について

ダンテ・ガルシア

アルゼンチン、ブエノスアイレス生まれ。エンジニアの学位を取得し卒業後、様々な国際的な機関での研究に従事し、世界各地で専門キャリア開発。旅を通じてあらゆる大陸の人々との出会いがあり、さらに強烈でスピリチュアルな旅を展開していく。2015年、セント・ジェームズの道を歩く喜びを得て、当小説を通じ、その経験を読者と共有することを願う。

 

詳細はこちらから:https://www.facebook.com/campodelasestrellas

ブエン・カミーノ!(良い巡礼を!)

読者の声